自治体連携推進会議

お知らせ

2019年3月25日(月)【東京】「今までの求人活動では発見できない人材をどのように発見し戦力化できたのか?」開催のお知らせ 2019.3.8 update

2019年3月19日(火) 【大阪】「今までの求人活動では発見できない人材をどのように発見し戦力化できたのか?」開催のお知らせ 2019.3.8 update

2018年7月21日(土)、10月14日(土) ひとり親のための合同移住相談会開催のご案内 ※終了いたしました

2018年3月23日(金) 北海道ブロック情報交換会@TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前(札幌市)※終了いたしました

2017年10月24日(火) 中国ブロック情報交換会@アークホテル広島駅南(広島市)※終了いたしました

2017年4月3日(月) 自治体連携推進会議 登録のご案内  2017.4.3 update

2017年2月16日(木) 九州ブロック勉強会@尚絅大学(熊本市)を開催いたします。 ※終了いたしました

2017年1月17日(火) 仙台市にて 東北ブロック勉強会 を開催いたします。 ※終了いたしました

2017年2月16日(木) 九州ブロック勉強会@熊本市 開催決定

自治体連携推進会議について

国の進める働き方改革のひとつに、地方創生事業「地域連携等による『地方就労・自立支援事業』」があります。
この「地域連携等による『地方就労・自立支援事業』」を活用・推進していくため、弘前市長、泉佐野市長、浜田市長が中心となり、自立就労支援事業や人材受入時の課題等について、交流や協力等を活発化させるためのプラットフォームづくりの必要性が呼びかけられました。

地方就労・自立支援事業推進プラットフォーム呼びかけ文(平成28年6月)

これら自治体・地域では、①自立就労支援の新たな展開 ②地域特性を活かした仕事(雇用、中間的就労等)づくり ③関連する各種生活支援のパッケージ化などを組み合わせて、地域内外の多様な人材を対象に自立就労への機会、活躍の場を創出しています。
プラットフォームは、各地の積極的な取組みの情報や経験等を共有する場として、新たな事業化や既存事業の促進などに役立てていただく交流や意見交換の場として、さらには、今後の新たな共同や連携の事業を模索・検討していく場として位置づけられています。
このプラットフォームを通じて、連携自治体が共同して各種の支援制度(地方創生や一億総活躍ほか)を活用するなど、多様な連携や取組、交流が行われていくことが考えられます。

今回、自立就労支援等にかかわる豊富な経験と技術をもった個人や団体が多く参加する、生活困窮者自立支援全国ネットワークの中に、「自治体連携推進会議」を立ち上げ、プラットフォームに関する情報発信や意見交換のほか、自治体との連携に関する相談等を受け付けていきます。

自治体連携推進会議 構成

  • 千代松大耕(泉佐野市長)
  • 久保田 章市(浜田市長)
  • 宮元 陸(加賀市長)
  • 宮本太郎(中央大学 教授)
  • 池田徹(生活クラブ風の村 理事長)
  • 山崎史郎(前・内閣官房地方創生総括官)
  • 西岡 正次(A’ワーク創造館 就労支援室長)(世話人代表代行)

自治体連携推進会議事務局(Aダッシュワーク創造館内)

担当:西岡正次
〒556-0027 大阪市浪速区木津川2丁目3番8号
E-mail: office☆lg-plat.jp  (※☆ を@マークに置き換えてください)
TEL: 06-6562-0410