ホーム » lgplat の投稿

作成者別アーカイブ: lgplat

【東京】「今までの求人活動では発見できない人材をどのように発見し戦力化できたのか?」開催のお知らせ

「求人を出しても応募者が来ない」「季節変動する求人はもっと厳しい」・・・。農業やサービス業、商業、製造業等の中小企業にとって、人材確保がかつてなく深刻になっています。そんな中、大分の新たな人材チャレンジ「労働力支援」の取組みが成果を上げ、農家の年収600万円超のアップにつながっています。人材(労働力)支援をどのように工夫したのでしょうか?「農作業で副業」という案内のとおり、仕事のハードルを下げて、必ずしも農業を希望する人材(従来の就農希望者)でななく、農作業に従事して稼ぎたい、求職準備をしたい「幅広い人材」がターゲット。多様な人材を集め、チームで農作業を行う(請負)「パートナー企業」という仕組みを工夫しています。

雇用情勢はかつてなく低い失業率が続く一方で、「ワーキングプア」「ミッシングワーカー」といった「求人に反応しない」層を拡大させ、これら就労で悩む求職準備者は中心都市や首都圏に流出しています。大分チャレンジは、この「求人に反応しない」=企業等からは「見えない」人材を可視化することができました。参加する若者や女性の中には、副業というチャンスを活かして次のキャリアを準備する者も多いと言います。悩める求職準備者が求職者として巣立っていきます。もちろんパートナー企業の正社員もその選択肢の1つです。

今回の情報交換会では、大分チャレンジの取組みと、若者支援の活動から生まれた(株)泉州アグリをクロスさせながら、「求人に反応しない」人材=求職準備者の発見と支援の現状と課題を探ってみます。

ちらし(PDF)はこちら:東京

 【おもて】東京 【おもて】東京

【大阪】「今までの求人活動では発見できない人材をどのように発見し戦力化できたのか?」開催のお知らせ

「求人を出しても応募者が来ない」「季節変動する求人はもっと厳しい」・・・。農業やサービス業、商業、製造業等の中小企業にとって、人材確保がかつてなく深刻になっています。そんな中、大分の新たな人材チャレンジ「労働力支援」の取組みが成果を上げ、農家の年収600万円超のアップにつながっています。人材(労働力)支援をどのように工夫したのでしょうか?「農作業で副業」という案内のとおり、仕事のハードルを下げて、必ずしも農業を希望する人材(従来の就農希望者)でななく、農作業に従事して稼ぎたい、求職準備をしたい「幅広い人材」がターゲット。多様な人材を集め、チームで農作業を行う(請負)「パートナー企業」という仕組みを工夫しています。

雇用情勢はかつてなく低い失業率が続く一方で、「ワーキングプア」「ミッシングワーカー」といった「求人に反応しない」層を拡大させ、これら就労で悩む求職準備者は中心都市や首都圏に流出しています。大分チャレンジは、この「求人に反応しない」=企業等からは「見えない」人材を可視化することができました。参加する若者や女性の中には、副業というチャンスを活かして次のキャリアを準備する者も多いと言います。悩める求職準備者が求職者として巣立っていきます。もちろんパートナー企業の正社員への選択肢もその1つです。

今回の情報交換会では、大分チャレンジの取組みと、若者支援から生まれた(株)泉州アグリをクロスさせながら、「求人に反応しない」人材=求職準備者の発見と支援の現状と課題を探ってみます。

ちらし(PDF)はこちら: 大阪

【おもて】大阪 【おもて】大阪

 

ひとり親のための合同移住相談会開催のご案内

幌加内町では働く意欲のあるひとり親の移住を受け入れています。

goudou-iju_ページ_1

下記の日程で8団体による、合同移住相談会を開催します。
入場無料・申込不要となっていますので、お仕事のこと、お住まいのこと、子育てのこと、お気軽にご相談ください!

会場

場所

移住・交流情報ガーデン
東京都中央区京橋1丁目1-6 越前屋ビル1階

日時

7月21日(土)、10月14日(土)

時間

11時00分~16時00分

チラシ

ひとり親のための合同移住相談会【PDF】

お問い合わせ先

幌加内町保健福祉課

自治体連携推進会議 北海道ブロック意見交換会 開催のお知らせ

2018年3月23日(金)に札幌市で自治体連携推進会議北海道ブロック情報交換会を開催いたします。
テーマは『地域連携等による人材還流・人材育成のヒントを探る!~北海道の農業分野の先進事例に学ぶ』。我が国の食を支える北海道の農業での人材の問題を取り上げます。
基調講演は北海道顧問、前内閣官房地方創生総括官の山崎史郎氏に「北海道創生を考える」というテーマでお話しいただきます。また北海道の月形町、士幌町、美深町の農福連携の取り組みや生産活動と人材育成・キャリア形成を結びつけた取り組み等、先進的な事例を報告いただき、地域を持続的に発展させるための人材還流・人材育成、自治体や地域間の新たな連携を進めるためのヒントを探って参ります。

地方創生、農業、福祉等に関わる自治体関係者や地域団体の方のご参加をお待ちしております。

自治体連携推進会議北海道ブロック情報交換会
『地域連携等による人材還流・人材育成のヒントを探る!~北海道の農業分野の先進事例に学ぶ~』
北海道ブロック情報交換会案内(PDF)<チラシ&申込書>

日時:201823(金) 13:30~17:00

会場:TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前 5階 チューリップ
〒060-0004 札幌市中央区北4条西6丁目1 毎日札幌会館 5階
※JR函館本線札幌駅南口から徒歩5分

参加費:無料。こちらの書類をFAXで送付いただくか、Web申し込みフォームをご利用ください。

主催:自治体連携推進会議、一般社団法人北海道総合研究調査会
後援:北海道、北海道農業協同組合中央会、ホクレン農業協同組合連合会
協力:一般社団法人生活困窮者自立支援全国ネットワーク

自治体連携推進会議 中国ブロック情報交換会 開催のお知らせ

2017年10月24日(火)に広島市で自治体連携推進会議中国ブロック情報交換会を開催いたします。
テーマは『「支援付き就労」が生み出す人材開発・人材活用・人材還流』
基調講演を中央大学法学部 宮本太郎教授にお願いし、自治体の生活困窮者自立支援制度がどこまで進んだのか?その課題は何か?というテーマでお話していただきます。また地方創生の最新情報や就労支援(人材開発)をめぐる動きを踏まえ、意見交換をします。
自治体関係者、生活困窮者支援や就労支援をされている団体の方、受入企業担当者等、さまざまな方にご参加いただき、新たな連携の可能性を感じていただければと考えております。

自治体連携推進会議中国ブロック情報交換会
『「支援付き就労」が生み出す人材開発・人材活用・人材還流』
中国ブロック情報交換会案内(PDF)<チラシ&申込書>

日時:2017年10月24日(火) 13:00~17:00

会場:アークホテル広島駅南
〒732-0806 広島市南区西荒神町1-45
※山陽本線広島駅(南口)より徒歩5分

参加費:無料。こちらの書類をFAXで送付いただくか、Web申し込みフォームをご利用ください。

主催:自治体連携推進会議、公益社団法人広島県社会福祉士会
後援:広島県、広島市、広島県社会福祉協議会、広島市社会福祉協議会、広島国際大学、広島県共同募金会(予定)
協力:一般社団法人生活困窮者自立支援全国ネットワーク

自治体連携推進会議 九州ブロック勉強会開催のおしらせ

2017年2月16日(木)に自治体連携推進会議九州ブロック勉強会を開催いたします。
自治体関係者、生活困窮者支援、就労支援団体、受入企業担当者等の様々な方にご参加いただき、新たな連携可能性を感じていただければと考えております。

自治体連携推進会議九州ブロック勉強会
「地方自治体における協働的な生活困窮者支援を探る」

日時:2017年2月16日(木) 13:20~16:30

会場:尚絅大学九品寺キャンパス 1号館10階大ホール
〒862-8678 熊本市中央区九品寺2-6-78
※学内駐車場は使用できません。公共交通機関をご使用いただくか、近隣のコインパーキングをご利用ください

参加費:無料。こちらの書類をFAXで送付いただくか、Web申し込みフォームをご利用ください。

主催:自治体連携推進会議、尚絅大学短期大学部川口研究室
後援:内閣府地方創生推進事務局、熊本県、熊本市
協力:生活困窮者自立支援全国ネットワーク、大阪地域職業訓練センター

13:20 主催者挨拶
13:30-14:30 基調講演:「地方創生と共生支援ー自治体連携の意義ー」
山崎史郎(前・内閣官房地方創生統括官)
14:30-15:00 各地の取り組み報告(弘前、浜田、泉佐野、加賀、東京都他)
西岡正次(Aダッシュワーク創造館 就労支援室室長)
15:00-16:30 シンポジウム 「地方自治体における協働的な生活困窮者支援を探る」
藤原奈美(鹿児島県大隅くらし・しごとサポートセンター長)
冨田治美(熊本県玉名市くらしサポート課)
田成修一(熊本県長洲町まちづくり課課長)
コーディネーター:西岡正次、徳村美佳(消費者教育NPO法人お金の学校くまもと代表)

※終了後、17:00から交流会を予定しています。

今後のスケジュール

2017年2月下旬 関西・中国ブロック勉強会@大阪(予定)
2017年3月上旬 中部ブロック勉強会(予定)

お問い合わせ

自治体連携推進会議事務局(Aダッシュワーク創造館内)
〒556-0027 大阪市浪速区木津川2丁目3番8号
Email:office[at]lg-plat.jp TEL:06-6562-0410

自治体連携推進会議 東北ブロック勉強会

2017年1月17日(火)に自治体連携推進会議 東北ブロック勉強会を開催いたします
自治体関係者、生活困窮者支援、就労支援団体、受入企業担当者等の様々な方にご参加いただき、新たな連携可能性を感じていただければと考えております。

自治体連携推進会議 東北ブロック勉強会

日時:2017年1月17日(火) 13:00~16:00 (12時30分開場)
会場:宮城自治労会館 601号室
後援:内閣府地方創生推進事務局
協力:パーソナルサポートセンター、生活困窮者支援全国ネットワーク、大阪地域職業訓練センター
参加無料、申込不要<スケジュール>
13:00 趣旨説明
13:10-13:50 地方創生の取り組みに関する最新情報
西田紫郎(内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 参事官補佐)

13:50-14:35 各地の取り組み報告(弘前市、浜田市、泉佐野市、加賀市、東京都他)
西岡正次(A ダッシュワーク創造館 就労支援室室長)

(15分休憩)

14:50-15:50 ゲスト報告「「福祉が地方創生に参入するとおもしろい」
菊池まゆみ(藤里町社会福祉協議会 会長)

16:00 閉会
※勉強会終了後、自治体向け個別相談会(16:00~17:00)をあわせて開催いたします。

個別相談会について

勉強会終了後、自治体向け個別相談会(16:00~17:00)として、地方創生等の制度運用および自治体連携についての相談を受け付けます。
希望される自治体の方は、下記よりお申込みお願いいたします。

→ 個別相談会申し込み

今後のスケジュール

2017年2月16日(木) 九州ブロック勉強会@熊本市、尚絅大学
2017年2月下旬 関西・中国ブロック勉強会@大阪(予定)
2017年3月上旬 中部ブロック勉強会@大阪(予定)

お問い合わせ

自治体連携推進会議事務局(A ダッシュワーク創造館内)
〒556-0027 大阪市浪速区木津川2 丁目3 番8 号
Email:office[at]lg-plat.jp TEL:06-6562-0410

生活困窮者自立支援全国研究交流大会(2016/11/12)

自治体連携会議では、第3回 生活困窮者自立支援全国研究交流大会における自治体セッション「困窮者支援で今こそ自治体政策転換」にて、「地域連携等による『地方就労・自立支援事業』」について呼びかけを行います。是非、ご参加ください。

第3回 生活困窮者自立支援全国研究交流大会

●開催日 2016年11月12日(土)・13日(日)
●会 場 1日目全体会/川崎市教育文化会館(神奈川県川崎市川崎区富士見2-1-3)
2日目分科会/慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1)
●参加費 1人10,000円(※会員は7,000円。年会費は3,000円。)
●主 催 一般社団法人生活困窮者自立支援全国ネットワーク
第3回生活困窮者自立支援全国研究交流大会実行委員会
●お問い合わせ先  一般社団法人生活困窮者自立支援全国ネットワーク
TEL: 03-3232-6131 FAX: 092-482-7886

第3回生活困窮者自立支援全国研究交流大会

 

シングルペアレント移住相談会(2016/10/8、10/30)

地方に移住しのびのび子育てしたい、地方で働きたい意欲があるシングルペアレント(ひとり親)の方々の地方移住相談会を開催いたします。
全国のシングルペアレント移住施策に取り組む自治体などが一堂に会し、直接相談できる機会です。
お気軽にご参加ください。

 

【大阪会場】

開催日時:平成28年10月8日(土曜日)10時00分から16時00分まで
場所:大阪市北区大淀中1-1 梅田スカイビルタワーWest22階 会議室E
参加自治体:北海道幌加内町、新潟県、長野県、長野県須坂市、三重県鳥羽市、ふるさと島根定住財団、島根県松江市、島根県浜田市、大分県国東市
http://www.kurashimanet.jp/event/detail/647/

【東京会場】

開催日時:平成28年10月30日(日曜日)10時00分から16時00分まで
場所:東京都豊島区東池袋3-1-1  サンシャインシティワールドインポートマーケットビル5階 ルーム15
参加自治体:新潟県、長野県、長野県須坂市、ふるさと島根定住財団、島根県松江市、島根県浜田市、大分県国東市

*いずれも事前の申し込み等は不要です。